発明協会表彰

パテント警告

トップページ

アナタは解けますか?

下取りシステム
マジキャップの下取りシステム


硬質発泡スチロール製の
マジキャップは安全性が極めて高く使いやすいので、低年齢のお子さん中心に高い支持を得ております。


特に不特定多数が利用する施設等ではその傾向が強いようです。

磁石の不思議な動きが子供は大好きで引っ張りだこの人気で休む間もない  マジキャップですが、ケガの心配がない反面、乱暴な扱いにはいささかお疲れ気味でした。
 
乳児にはかみ付かれ元気な子には投げつけられ、ひどい時には踏みつけられて骨折(?)などの大ケガを負う
マジキャップです。

そこで、再起不能(?)に陥ったようなマジキャップを下取りしプラスチック化した新製品に交換するサービスを本格的に開始することにしました。

 

その手順を説明します。

下取りの対象商品は10cm硬質発泡スチロールタイプのものに限ります。ネオジム磁石(3Φ×25mm) 交換希望対象商品がマジキャップL-10の場合1本当たり40円/本(税別)ミニ・5の場合30円/本(税別)で返送本数を乗じた金額を値引という形で還元致します。

このシステムを利用して購入出来るのは、ミニ・5とL-10)(10cmタイププラスチック製)3角形・4角形・5角形となります。但し単価がそれぞれ異なりますのでご注意下さい。

  プレートがどんなに傷んでいても、磁石だけ取り出してベルト状にくっつけます。

(折れているものは除きます。)

  (注)磁石は衝撃に弱くパチンとくっつけると折れることがありま
        すので丁寧に扱って下さい。 

 

  数を数えます。(トラブルがないよう再度数えて下さい。)

  絵のように2列又は3列に厚手の段ボール板又は発泡スチロール板に並べセロテープで動かないように貼りつけます。
  
(磁気漏れ防止のため)
その上から同じ大きさの段ボール又は発泡スチロール板でサンドイッチ状態に固定します。




写真1

写真2

写真3


  厚さ1センチ程度の発泡スチロール又は段ボール写真1

  厚さ3mm程度の厚紙等で枠を作り動かないようにします。写真2

  2と同じ大きさの発泡スチロール又は段ボールでサンドウィッチ状態にし、
テープで固定します。写真3

  厚手の封筒に入れ郵送して下さい。